明日からがんばる!

今日はもうねる!

とにかく書きなぐったもの

 最近ボールペンでチラシの裏に駄文をごりごり書くことにはまっているのですが、今使っているボールペンは先が細くてちょっといいやつなので、あんまり無茶な書き方をしすぎてあんまり消耗させたくないです。消耗といえばあれです、まだ東京で消耗してるの???とかゆうブログを思い浮かべます。ところでぼくはいまちょうど東京で消耗しているので、その問にはイエスと答えねばなりません。なぜ消耗しているかというと、諸事情によりワンルームのアパートに二人で寝泊まりしているからです。あと人が多いことも僕を消耗させます。いえ、田舎のショッピングモール程度の人波と言えないような人数でもほぼ同じくらいのきつさを感じるので、だったら都会にいても田舎にいても消耗の度合いはそこまで変わらないんではないかということになります。消耗については都会とか田舎とかはあんまり関係ないっぽいです。強いて言うなら生きることが消耗であり人間との接触が消耗です。どこにも逃げ場はありません。人の多さや声の大きさなどにも多少は影響されますが、その差もあまりないです。学食の喧騒も図書館の本のページをたぐる音も、どちらも同様に僕を消耗させます。というかむしろ後者の方が、周りが静かな分、音が強調されるのできついかもしれません。人間についても同じで、都会の雑踏もしんどいですが、さみしい田舎道を歩いているときにすれ違うおじいうさんおばあさんから受けるプレッシャーも相当なものです。集団よりも個人と接触することの方が辛いということでしょうか。訊くなよ。

 まあでも田舎の静かでだだっ広い道を車でのんびり走るのはわりと好きです。春から秋にかけての山の景色なんてちょっとした観光地にしてしまえそうです。そして田舎にずっと住んでいる人たちにとってはこれが当然の風景なのであり、ということはこのローカルな山の美しさを知っているのは僕だけであり、そのような身勝手な断絶を一人で楽しんでいるわりと救いようのないだめなのがわたしです。

 

 僕は普遍的な正しさにはわりと興味がなくて、自分が納得できることがいちばん大事というか、自分が納得できればそれでいいやみたいなことを思っている節があります。理系はもちろん文系も、というか学問に向いてない人です。一人とかちょう好きです。でもその一人を楽しむやり口にはある構造的な問題があって、けっきょく他者を必要とせざるを得ない部分もでてきます。それは人間は一人で生きていくことはできないというものすごくつまらない事実に依っているのでとてもだるいです。

 そう、だるいんですよ。なんか4年くらい前からずっとプールで3kmくらい泳いだ後のような疲労感が常時ぼくの体の芯から末端まで滞留しています。これはかなりしんどいことです。しかもだるさは極まると痛みに進化するので毎日が苦痛です。でも死ぬのはこわいしせっかく生まれたのに死んでしまうのはなんかもったいないとも思うのでなんとなく生きています。なんとなく生きられる程度の苦痛なのかと言われればそうです。しかし常時毒のダメージを受けていて寝ても休んでも決して治らない状態なので地味につらいです。そして肉体と精神は不可分なので肉体がつらいと精神もつらくなります。だるいとやる気もなくなります。あと僕は姿勢が悪いのでずっとパソコンに向かっているとひじょうにつかれます。具体的には肩が張っておしりが痛くなって腰が重くなります。つかだるい原因ぜったいこれだろ。